しゃっくりの豆知識

みなさんはしゃっくりの噂についてご存知ですか?
おそらく地域や年齢によっても全く異なるかと思いますが、私が知っているしゃっくりの噂についてご紹介しましょう。

しゃっくりは関東の一部の地方では現在でもひゃっくりと呼ばれているところもあるそうで、これは「し」と「ひ」の発音が似ていることからと思われます。関西ではしゃっくりは「し」を使いますが、逆に質屋(しちや)だと「ひちや」と発音する人が多いという事例もあります。しゃっくりと質屋で関東関西全く逆なんですね。不思議です。

私が知っている噂は「しゃっくりを100回続けたら死んでしまう」というものです。私も小さい頃に耳にして以来、中学生くらいになる頃まで本当に信じていたクチです。このしゃっくり長いなと思ったら色々な方法を試して止めようとしていました。しかし子供ですから、すぐ忘れて他の事をしている間に勝手に止まっていたというオチです。


sponsored link




おそらくこの「しゃっくりを○○回(○○分?)続けたら死ぬ」という噂は、一種の都市伝説として聞いたことがない人を探す方が難しいのではないかと思うくらい有名ですが、事実としては残念ながら?全くのデタラメです。
他にもまだ私の知らないしゃっくりの噂はあるかもしれません。

ちなみにしゃっくりの漢字は「【口偏に歳】り・吃逆」という書き方をします。【口偏に歳】りはそのまましゃっくり(もしくはしゃくり)と読み、吃逆はきつぎゃくと読む医学用語です。また英語ではしゃっくりは「Hiccup」と言います。

以上、どこかで役に立つこともあるかもしれない豆知識でした。


このページを読まれた方は、次のページもよくご覧になっています。

⇒ ゲップ・あくび・くしゃみ

⇒ しゃっくりの原因

⇒ しゃっくりと病気

⇒ 赤ちゃんのしゃっくり


sponsored link




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る



[当サイトへの問い合わせ]
syakkuri21★gmail.com
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。